セレブと貧乏太郎・第8回あらすじ:「セレブと貧乏太郎」 上戸彩と上地雄輔のドラマ



スポンサードリンク

セレブと貧乏太郎・第8回あらすじ

美田園アリス(上戸彩)の継母、真紀子(若村麻由美)は美田園ホールディングスの経営権を手中に収めるが、アリスは、真紀子と一緒にいるの嫌って、その経営に参加する気も無く「ラブ・アリス」の社員旅行に出かけてしまうのだった。
アリスが東京を離れている間に、真紀子は佐藤太郎(上地雄輔)に対し、アリスと二度と会わないようにと言い、運転手の仕事も解雇すると告げ、さらに真紀子は自分に逆らうと太郎に関わる全てのものを失うはめになると太郎を脅迫するのだった。
そんな時、佐藤家でボヤ騒ぎが発生し、消防の放水のため部屋は水浸しになり、太郎は家に住めなくなってしまうが、真紀子から聞かされた話から仲間たちに助けを求めるわけにもいかず、公園で暮らすはめになってしまった。
その頃アリスは、旅行先のルールとして社員たちの召使い役をやらされるが、とうとう嫌気がさして裏庭に出ると、熊バッタリ遭遇して失神してしまう!
なんとアリスを助けたのは後藤田司(柏原崇)だった。
アリスは後藤田から、佐藤家に起きた事件を聞いて!・・・
posted by セレブ at 11:31 | セレブと貧乏太郎・第8回あらすじ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。